住まい、リフォーム、インテリア、暮らしのニュース【随時配信】|フロートテレビボード全国販売:カワジリデザイン|k-design

フロートテレビボード開発|カワジリデザイン(k-design)

LIMIA(リミア)に救われた。WordPressの脆弱性から考えること

投稿日:

 

インテリアのキュレーションサイトで有名なLIMIA(リミア)ですが、
始まった頃に「記事を書きませんか?」と直接連絡をいただいたので
興味本位でいくつか記事を上げることにしました。

当時はまだiemoもあった(?)ので二番煎じだと思いあまり期待もしてなかったのですが
たまぁにページを見るとアクセス数の多さに驚きました。
そのためホームページやブログへのアクセスも多くなったので
記事を増やしていったわけですが、自分にとってはやはりメインのホームページが
大切なわけであまりLIMIA(リミア)には執着せずにコツコツと続けていけば良いという
スタンスを通してきました。

そんなある日メインのサイトに異変が起きたのです。

それは他人に勝手にユーザー登録をされた通知がきたことに始まりました。

もちろんすぐその不審なユーザーはすぐ削除したのですが
すでに何らかのプログラムを埋め込まれてしまい、
自分のサイトのアドレスをクリックすると 勝手に悪意のあるページに飛ばされてしまうようになったのです。

でもその時点ではあまり慌てることはありませんでした。
それはレンタルサーバー(ロリポップ)の上位プランに入っているため
バックアップが定期的に行われ、いつでも正常な状態に遡って復元ができるからです。

ところが!何度復元をしてもその変な状態が続いているのです。
それで今度はサポートにもアドバイスを求めているのですがいっこうに解決しないのです。

それで急遽ホームページを作り直すことにしましたが作品集の元となるデータが
膨大なためにすぐ作れるものではありません。

そんな時にセキュリティが万全なキュレーションサイトのLIMIA(リミア)にアップした記事に
リンクをすることにしたのです。

本来はSEO的には自分のサイトからほかのページへジャンプすることは避けるべき(?)ですが、
WordPressの脆弱性を考えたらそんな悠長なことは考えている場合でありません。

そんなことを考えながら
LIMIA(リミア)に対する考え方を改めることにしました。

確かに自分のサイトとは違い、何でも思い通りにはならないのですが
外部サイトとしてはもう必然と考えています。

リニューアルしたメインサイト

http://kd-office.com/

LIMIA

https://limia.jp/user/kdesign/

 

 

最後に

レンタルサーバー、ロリポップのサポートにはいつも助けられていますが、
今回のようなサイトの管理画面に入られて悪意のあるプログラムを埋められたことに対しては復元では対応しきれませんでした。

あとは有料オプションとしてロリポップ側のおまかせに頼るということになると思いますがそれでも完全に復元となるかは保証できませんということです。

となると現実的なところではレンタルサーバーも変えてサイトを作り直すということになりますがWordPressを使う以上はやはり覚悟が必要だということです。

ですから
無料ブログも新たに作り、さらにWordPress以外のサイト作成ツールも使おうと考えていますがデザインの面ではWordPressに及ばないところが悩ましいところです。

 

 

 




1

  デザインから施工までをごらんください            

2

既製のものからの脱却を図るにはその道のプロの書いた生きたCADデータが必要です。     ここでは住宅の中で重要なセクションであるリビングTVボード。そしてそのリビングから見える ...

3

  WordPressサイトは作ってからが本番     WordPressでホームページを作るのは簡単です。 そう、作るだけなら・・・ 単純にテーマを決めてヘッダー画像を ...

-ピックアップ