札幌市, 北海道, JPのHouzz登録専門家akiyoshi kawajiri
Best of Houzz 2020 サービス賞を受賞
Houzzコミュニティによって顧客満足が最高レベルと評価されました。 テレビボードプロジェクト

家のインテリアの充実度を図る年になる予感

 

 

2020年はオリンピックイヤーということで盛り上がっていると思いますが
早くもオリンピック後の景気動向に関心が集まっています。

と言いますか、昨年の消費税アップ後の買い控え現象がもたらす景気減少は
もっと顕著になることでしょう。

話し出せばキリがないので家についてはどうなるのかな?
というより暮らしのスタイルはどうなるのかなと考えれば、
「家で楽しむ」ことがキーワードになると思っています。

現に年々外食が減って中食が増えているわけですから
家にいる時間がさらに増えていくことを考えれば
自ずと家の中の快適さを求めるようになるだろうという話です。

では快適な空間を実現するためには何が必要かと言うと、
自分はインテリアのコーディネート術だと思っています。

ですから今年忙しくなるのはインテリアコーディネーターだと思っていますが
いかがでしょうか(^-^)

新築、リフォームの計画があるかたは
依頼する会社に腕の良いインテリアコーディネーターがいるかどうかを確認してみてください。

でも家の建築で大切なのは各担当者との連携だということは言うまでもありません。

 

 

おしゃれなテレビボードをあなたの家に【フロートテレビボード17例】 1

実例1:ブラックウォールナットで落ち着きのある雰囲気を出した例 テレビボードの色を床に合わせる方法がめずらしくない中、 テレビボードスペースを独立させてみるという方法もあります。 壁の仕上げがそれを物 ...

このフロートテレビボードを見て「後付け」だと思う人はいないでしょう 2

  テレビボードをフロートタイプにするには必ず壁の下地補強が必要となります。 さらにコンセントの位置も関係します。この例ではすでに工事が完了していたため 思わぬ位置にコンセントがあったのです ...

チャイルド対応型のフロートテレビボードが登場! 3

  フロートテレビボードは小さな子供がいるので不安があると言う言葉が少なからずありましたので このたび【チャイルド対応型】を開発しました。 主な改良点は、 レコーダー収納部の扉を上開き型とし ...

-インテリア, インテリアコーディネーター, インテリアコーディネート
-,