フロートテレビボードの価格はこちらでご確認ください

フロートテレビボードの価格は、サイズ、デザイン、仕様によって異なります。カワジリデザインのテレビボードは、仕様をすべて同じにしています。安全性と耐久性を維持するためです。価格については、生産者から消費者に提供する際に中間の経費(利益)が上乗せされるため、カワジリデザインでは流通に依存しない直接販売をしており、原価率は軽く60%を超えています。フロートテレビボードは製造原価で判断すべきです。

目次

フロートテレビボードの価格について知ってもらいたいこと

フロートテレビボードの価格については

主にサイズ、デザイン、そして仕様別になりますが

カワジリデザインのテレビボードについては
仕様をすべて同じにしています。

なぜ仕様を同じにするかと言うと

安全性と耐久性を維持するためです。

詳しくは

フロートテレビボード基本タイプとカラー

をごらんください。

あわせて読みたい
フロートテレビボード基本タイプとカラー     フロートテレビボード基本タイプとカラー   以下の6つのプランはあくまでも参考の形ですので、 全体の幅寸法や扉の割付寸法、キャビネットの高さ、奥行寸法な...

フロートテレビボードの特性

フロートテレビボードの特性として

必ず壁に固定するものなので

安全性だけではなく耐久性も求められます。

特に仕上げる素材が
日焼けするものだったり、傷が付きやすいものである場合は

数年も経たずして交換したいと思うことが予想されるからです。

安全性については

人が乗るものではないのは大前提ですが、

小さな子供は何をするか予想できませんので

もし乗ったらということも考えた上で、

構造自体の強度を最高レベルにしています。

耐荷重に触れたレビューはこちら

さて、強度はというと183cm 76kg の私が乗っても「全くもって動きません!」かなり頑丈です。
頑丈なためセンタースピーカーの音が歪みません。前面扉3枚については当初、犬・猫、今後出来る子どものことを考慮し上開きにするつもりでしたが、中が覗きにくい、取り出しにくいのではと考え、下開きにしました。これがまた大正解!重いAVアンプ、センタースピーカーを乗せてもビクともしません。

あわせて読みたい
お客様からのレビュー(口コミ) 【お客様からのレビュー(口コミ)】 【お客様からのレビュー(口コミ)】フロートテレビボードの気になる評判は? F様からのレビュー “垂直面の光沢ある素材がテーブルや間...

価格については流通のしくみ(流れ)を理解する必要があります

そして肝心の価格については

流通のしくみ(流れ)を理解する必要があります。

一般的には

生産者が生産した商品やサービスを販売者(卸売業者や小売業者)を経て
消費者に提供するようになっていますので

テレビボードについては

工場(生産者)からハウスメーカー/工務店(卸売業者)に渡り、

お客様(消費者)に渡すことになります。

つまり

必ず中間の経費(利益)が上乗せされているということです。

建築の世界の平均的な経費は

一般的な家具である場合は

ハウスメーカー/工務店は

少なくても30%の利益を取りますので

製造メーカー(工場)はその利益分と広告にかける費用も差し引きして
30%の利益を確保しようとすれば

減価も30%程度にする必要があるということです。

となると

原価率は単純に定価の3分の一ぐらいになってしまうということです。

その一方、

カワジリデザインでは

流通に依存することなくお客様に直接販売をしており、
広告も外注に頼っていないので

原価率は軽く60%を超えているのです。

テレビボードは製造減価で判断すべきです

カワジリデザインが

仕様を統一にしているわけは

安全性を担保する金物のグレードを落とさない。

そして耐久性も落とさないからです。

フロートテレビボードの価格とWEBカタログはこちら

フロートテレビボードの価格とWEBカタログはこちらで
ご確認ください。

あわせて読みたい

フロートテレビボードの作品集はこちらをご確認ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【フロートテレビボード開発者】
2004年にフロートテレビボードを開発した家具デザイナー
従来のテレビボードの欠点を解消するために、テレビボードを浮かせて配線を収納する構造を考案
ハウスメーカーや設計事務所などから多くのオーダー家具の依頼を受けている
住宅の設計担当者やインテリアコーディネーターの講師も務めている

目次