フロートテレビボートは壁材を貼る前に付けてください

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

エコカラットやタイルを貼った壁にフロートテレビボードを取り付けることはできません。
壁材の上からテレビボードを取り付けることはできない理由と、
壁材を先に貼る場合の対処法について説明します。

[/st-mybox]

目次

エコカラットやタイルなどの壁材を貼った後にフロートテレビボードは取り付けができるのか

フロートテレビボードを設置する壁に
エコカラットやタイルなどの壁材を貼る家が増えています。

そこで最近お問い合わせが増えているのが、

エコカラットやタイルなどの壁材を貼った後に
取り付けができるのかどうかというお問い合わせです。

結論から言いますと壁材の上からはテレビボードは
取付できません。

取付できない理由と
壁材を先行して貼らなければならないときにはどう対処するかを
説明させていただきます。

1.壁材の上に取付できない理由

ここではエコカラットの例をあげますが

エコカラットの施工マニュアルで禁止されています。

“「エコカラットプラス」の上に壁掛けテレビやエアコンを取り付けられますか?”より

断面はエアコンを取り付ける場合の
注意点と紹介されていますが
テレビボードやほかの家具の場合も同様です。

エコカラットプラス 施工マニュアル

“珪藻土よりすごい!?エコカラットの調湿効果”より

構造を見てお分かりの通り湿気を吸い込むための気泡を多数含んでいるため
建材そのものの強度が不足しています。

ですから

どんな家具も直接上に取り付けることはできないわけです。

一方タイルの場合でも、

設置後にひび割れてしまう可能性がありますので

やはりテレビボードを先に取り付けする必要があります。

2.壁材工事を先にする必要がある場合

フロートテレビボードは壁に取り付けする必要があるので
大工工事となりますので壁工事とのタイミングが重なることが多いです。

そういう時には
壁材を開けてもらうことになるのですが

以下のパターンにより開口の寸法が変わるので注意が必要です。

1.ボード裏に柱か木下地が入っている場合

この場合は
テレビボードの寸法より少し大きめの開口にしてください。

2.ボード裏に木下地が無い場合

テレビボードと同じ寸法の開口にし、
そこに壁材の厚さ以上の合板を貼ってください。

いずれの場合も
テレビボードと壁材との間に隙間が生じますので

シリコンコーキング材で埋める必要があります。

ここで提案です。

フロートテレビボードは
壁材工事の後でも取り付けることはできますが

壁材との取り合いを考えると
先にテレビボードを取り付けたほうが
収まりは綺麗です。

まして家を新築、リフォームという機会もそうそうあるものではありません。

少しの妥協が後の後悔に繋がらないとは限りませんので

工事担当者とよく打ち合わせをすることをお勧めしています。

このフロートテレビボードを見て「後付け」だと思う人はいないでしょう

あわせて読みたい
このフロートテレビボードを見て「後付け」だと思う人はいないでしょう テレビボードをフロートタイプにするには必ず壁の下地補強が必要となります。さらにコンセントの位置も関係します。この例ではすでに工事が完了していたため思わぬ位置...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【フロートテレビボード開発者】
2004年にフロートテレビボードを開発した家具デザイナー
従来のテレビボードの欠点を解消するために、テレビボードを浮かせて配線を収納する構造を考案
ハウスメーカーや設計事務所などから多くのオーダー家具の依頼を受けている
住宅の設計担当者やインテリアコーディネーターの講師も務めている

目次